商品概要 KAWADA ONLINE SHOP で扱っている商品について

1) ダウンとフェザーについて

 羽毛は、食用水鳥(アヒルやガチョウ)の副産物です。胸元に生える綿毛のような「ダウン」と羽軸を持つ「フェザー」があります。
 一般的には、フワフワしている「ダウン」を羽毛ふとんやダウンジャケットの詰めものとして使います。羽毛の1個1個を「ダウンボール」と呼び、このダウンボールが大きいほど、多くの空気を保持することができるので保温力が高まります。
 一方で羽の軸がしっかりとしている「フェザー」は形が崩れにくいことからまくらやクッションの中材として重宝されています。

 

 


2) ダウンパワーについて

ダウンパワーについての説明 羽毛製品を選ぶときにチェックして欲しいのが羽毛の品質を表す「ダウンパワー(dp)」です。ダウンパワーの数値が大きいほどダウンの品質が高く、かさ高も増えるので羽毛ふとんを押さえたときの弾力感が違います。
 写真では、一般的な羽毛ふとんの生地をキルト加工したときに区切られる1マス分と同じくらいの大きさのケースにダウンを入れたとき、どれくらい羽毛のかさ高があるのかが分かります。
 かさの高いほうが1g中の羽毛「ダウンボール」の数が少なく、ダウンパワーの数値は大きくなります。これは、「数が少ない=ダウンボールの1個が大きい」ことと「ダウンボールが大きいと保温力が高い」ということを意味します。

 

 注意したいのは、ダック(アヒル)とグース(ガチョウ)では、ダウンパワーの比較ができないことです。
ダックとグースの体の大きさが違うように羽毛「ダウンボール」の大きさも異なります。一般的にグースの方が1個1個のダウンボールが大きいため、かさ高もダウンパワーも高く、高品質と言われています。


3) 詰めものについて

 水鳥は寒さから身を守るために羽毛をまとっています。ヨーロッパなど寒い地域が生息地として知られ、この地域の羽毛は良質であると言われています。 KAWADA ONLINE SHOPで取り扱っているふとんに使用している詰めものの特徴です。

ハンガリーホワイトグース

 ハンガリーは世界で有数のグースの産地として知られています。グースの羽毛は、ダウンボールが大きく、かさ高性に優れ、保温力に優れています。
 河田フェザーでは、グース飼育を専門とするハンガリーのBONUS社に依頼し、特別に選んだ伝統的な品種のグースを飼育してもらっています。同社は、良質の食用肉と羽毛が得られるよう、契約した農家にヒナ鳥を渡し、餌など飼育に関するノウハウを共有して育てています。飼育期間中は環境や成長過程を管理し、一貫生産のしくみを構築しているので、高品質の羽毛を集めることができるのです。

ローマンホワイトグース

 ローマングースは台湾で飼育された水鳥の羽毛のことです。台湾では元来、デンマークからグースを輸入し、広大な場所でストレスなく飼育しています。
 この鳥種から集められる羽毛のダウンボールは、空気を含む小さな空間をたくさん持つため、保温性、断熱性、弾力性の高い品質を誇ります。


4) ダウン率について

 羽毛ふとんやダウンジャケットに付帯する品質表示を見ると、詰めてあるダウンやフェザーの割合が表記されています。 これを「ダウン率」と言います。
保温力の高いダウンの割合が高いほうが、軽くて温かい羽毛製品と判断できます。


5) 羽毛を包む生地(側生地)について

 ハンガリーホワイトグースを充填した羽毛ふとんに使用しているサテン生地はたて糸にインド産ハイブリット超長繊維綿マハールの単糸(100番手)を、よこ糸に同じマハールの超極細の単糸(140番手)を使用した、軽いサテン織の羽毛ふとん地です。
 マハールは繊度が細く、ろう分と油脂分の含有量が多く、繊維表面がなめらかですので、独特のぬめり感がある、ソフトでしなやかな風合いです。

 ローマン(台湾)ホワイトグースを充填した羽毛ふとんには、中国綿を使って織った80サテン生地(80番手)を使用。

 グリーンダウンを充填した羽毛ふとんには、同じく中国綿を使って織った60サテン生地(60番手)を使用しています。


6) トライアングルキルトについて

 表地と裏地を重ねた状態で縫製した生地をキルト加工と呼びます。 トライアングルキルトは、ふとんの中央部分に膨らみを持たせ、両サイドから体を包みこむように作られています。
 この形は、眠っている人の首元にフィットして、体とふとんの間に空間ができにくい構造として考えられており、温かく快適な睡眠環境を作ってくれます。


7) ループ(カバー止め)について

 ふとんのカバーを止めるために付いている布製の輪のことです。


8) KWD(河田フェザーの羽毛品質)について

 国内屈指の羽毛素材メーカー「河田フェザー」は、「人や環境に対して安全で安心できる羽毛を提供すること」を第一に考えています。
 天然資源である水鳥の羽毛には、ホコリや汚れがたくさんついています。工場では洗浄や乾燥などに独自の機械を使い、羽毛の細部まで浸透するきめ細やかな超軟水を使うことで、ごく少量の天然洗剤で人体に良くないと言われる目に見えないホコリやアカなどの汚れを徹底的に取り除くことが可能になりました。
 さらに、国内基準より厳しい清浄度検査をはじめ、さまざまな検査で実証された「キレイな羽毛」を全国に提供しています。

 

【KWD】の条件

  • 成熟した水鳥から採れた羽毛を使用しています。
  • ひな鳥や若鳥の羽毛、クラッシュしたフェザー、中古羽毛などを含んでいません。
  • ホコリが非常に少ない羽毛です。
  • 品質にこだわり、日本で丁寧に洗浄・精製加工された羽毛です。

9) ゴールドラベルについて

 日本羽毛製品協同組合が発行するラベルの総称です。「国内で製造された羽毛ふとん」など組合が定める条件を満たした製品にだけ発行され、羽毛ふとんの安心の証になっています。
 製品に使われる羽毛のダウンパワー(dp)を公的認定検査機関で検査し、ダウンパワーの数値でラベルが4段階に分かれます。
 KAWADA ONLINE SHOP で取り扱う、ハンガリーホワイトグースを使用した羽毛ふとんのダウンパワーは440dp以上あり、最も評価の高いプレミアムゴールドラベルに認定。一方、ローマンホワイトグースを使用した羽毛ふとんのダウンパワーは400dp以上あるのでロイヤルゴールドラベルに認定されています。
 日本羽毛製品協同組合ホームページ http://www.nichiukyo.org


10) 同じ大きさで充填量が異なるまくらについて

 フェザーを使ったまくらは、通気性や吸湿性に優れ、適度な弾力があり、軽くて柔らかいのが特徴ですが、同じ大きさでも中材として詰めるフェザーの量でまくらの高さが変わります。


今回、43×63cmサイズのまくらのみ充填量に差をつけ、0.8kgと1.2kgをご用意しました。
写真で0.4kgの差を見比べ、お好みの高さをお選びください。

充填量の違い写真